タグ:血液検査 ( 7 ) タグの人気記事

残念

意気込んではじめた治験だったがドクターストップがかかって中止に
なってしまった。

これまでの数値では特に問題のなかった肝臓関係が、治験開始時の検査では
極端に悪化していたらしい。元々基準値よりは高く出ることが多かったが、
確かに今回の数値は自分でも聞いて驚いた。うーん仕方ないか。



そして今日は治験中止の確認と諸々の再検査で病院へ。


そうしたら。
肝臓関係は元のレベルまで落ち着いていた。



………………えー……。
これなら治験実施できるのに……。

これほど数値が上下する理由が思い当たらないし、先生も首をひねっていた
けれど、何かしら一時的なものが原因でたまたまそれが検査日にあたって
しまった――ということなのか。

かえすがえすも残念。
[PR]
by massigura-z | 2010-03-24 12:35 | カラダあれこれ

健康診断・結果詳細2008

先日正式に肺レントゲン異常なしとの通知がきた。
おそらくそうだろうとは思っていてもやはりほっとする。

ほっとしたところで、昨年もやった健康診断の詳細を公開しておく。
(  )内は基準値。


●肥満度  25.9  (-29.9~13.5)   判定:高すぎ
●BMI    27.7  (18.5~24.9)   判定:高すぎ
検査日当日の記事でも書いたが、検査の時に限ってどういうわけか体重が
いつもより重い数値を示したんである。少なくともその日の朝に測った時より
1kg重かった。でもその場で測りなおしてもらっても同様の数値しか
出なかったので、泣く泣くこの記録が残ることに。
その体重より去年は4kg少ない数値で判定は『境界値』だったので、本気で
ダイエットすればすぐ境界値にはもどるレベルであろうとは思う……。
●体脂肪率 34.8  (17.0~29.9)   判定:境界域
その証拠に体脂肪率は前回とほぼ横ばいでなんとか境界域にとどまった。
いや境界域ならいいってわけじゃないけれども。

●血色素量 12.1  (11.4~14.2)   判定:正 常
昨年はこの数値が低すぎて貧血・要治療判定をくらったが、今年は9月に
献血ができたので少なくとも比重が増えたことはわかっていた。勝因は多分
鉄分のサプリメント。ドラッグストアでいろいろ吟味して、『吸収量の多いヘム鉄
使用』とうたっているものを選んで現在まで1年以上飲んでいる。

●AST    30   (30以下)      判定:正 常
●ALT    48   (30以下)      判定:境界域
●γ-GTP  223   (50以下)     判定:境界域
肝臓関係は正常判定も含めてじわりと悪化。ただし、一時期の数値に比べたら
全然マシ。私の場合はこれも減量したら下がることはわかっている。だいたい
飲酒しないのになんでこんなにガンマが高いんだってみんな驚く。

●総コレステロール   200 (140~219)  判定:正 常
●中性脂肪        101 (50~149)   判定:正 常
●HDLコレステロール  56 (40~99)    判定:正 常
今回も脂質関係はオールクリア。ただし、先生いわく血糖値が高いからコレステ
ロールは200以下に抑えた方がよいとのこと。

●空腹時血糖   151  (60~109)     判定:高すぎ
そして今回、肺レントゲン以外でいちばん注意されたのがこれ。多分160を
超えてたら問答無用で薬か注射の治療を言い渡されたと思う。正確に糖尿の
判断をするにはヘモグロビンA1cを見たほうがいいのだけど、こちらも後日の
検査で7.0と出た(基準値上限は5.9)。しばらくはダイエットしながら定期的に
血液検査を行って経過観察。



あとは、去年とあまりかわりなく。胆石が数個とか右の腎臓が萎縮気味とか。
胃カメラで表層部に出血の跡があって胃炎と診断されたけれど、胃なんて
ちょっとしたことで穴あくくらいだからそれからすると問題なしのレベル。

ただ、大昔から持ってる左乳房のしこりがエコーでは昨年より大きくなってる
らしいので精密検査の紹介状もらった。年明けにでもいってくるかなー。


  
[PR]
by massigura-z | 2008-12-27 21:57 | カラダあれこれ

健康診断あれこれ

今回の健康診断、今のところはたいした病気も見当たらずまあまあの結果だったのだが、いろいろ『えっ?ほんとに?』と思うようなものもあった。

まずは最大の懸案事項である血糖値。
予想ではもう少し低いかなあと思っていたが、あまり良くなかった。一時期の即治療というレベルではないものの、いわゆる境界型の数値。まあ、空腹時血糖はあんまりあてにならないから、きちんとヘモグロビンa1cを調べてみないとね。

コレステロールや中性脂肪は問題なし。体重が数年来明らかな肥満レベルにある割には、なぜかこの二つはいつも正常。

懸案その2のγ-GTPはほぼ例年通り。
正常値の3倍だが、飲酒なしで以前550という数字を叩きだした身には、困ったことに改善されたとしか映らないのだった。
で、アルコールなしでγが高いときはたいてい脂肪肝が疑われるのだが、今回腹部エコー検査では脂肪肝の指摘はなかった。結果をもとに面談していた先生、それが解せないらしく、『いやあ、脂肪肝はありそうだよね。エコー写真1枚じゃわからないからもう一度見直しときますよ』ですと。そんなにどうしても脂肪肝にしたいんかい。私は2年前、今回と2kgしか体重かわらなかった時にも一度脂肪肝は克服したのにな。


去年見つかった胆石。今年はサイズが1.7cmと出た。結構大きいんじゃないだろうか。先生曰く『痛みはありますか?ない?じゃほっときましょう』そんなもんですか。

同じく去年初観察の不整脈。今年は問題なし。よかった。


実はいちばん深刻な数値が出たのは貧血だった。
自分では一時期のふらつきが解消されてたのでてっきり良くなったと思ってたのに。しかし血小板は多すぎだって。別に害はないらしいが。


最後にオプションでやってもらった骨密度検査。『そのへんの小娘(ホントにこう言った)よりもよっぽど立派な数値』と誉められた。そんなにカルシウム摂ってるつもりなかったけどわからんモンだな。




詳しい結果は2、3週間後。
[PR]
by massigura-z | 2007-11-21 19:33 | カラダあれこれ

青汁

糖尿病治療の基本は食事療法と運動療法。
食事療法は1日の摂取カロリーと栄養バランスを考えて行うもので、ちょっとした
コツがあるから、慣れてしまえばそれほど困難なものではない(らしい)。

さて、投薬治療を終えてから、カロリーはなんとなく頭の中で簡単に計算はして
いたものの、バランスという面では偏りがあるらしくここしばらく貧血の症状が
悪化してきた。心配するほどではないが献血ができないレベル。

はるか昔、中学生の頃に結構ひどい貧血状態だったことがあり、あの頃ほど
ではないにせよ好きな献血ができないのはちょっと困る。そこで手っ取り早く
これを改善するにはどうしたらよいか――――と考えた結果。


青汁を試してみることにした。


これまで青汁を飲んだ経験は皆無。加えて、原材料から察するに決して
美味しいとゴクゴク飲むようなものでもなさそう。そこで、手始めに『まろやか
青汁』という、青汁初心者でも我慢できそうなヤツにトライしてみた。

顆粒状の水に溶けやすいタイプで、これを所定の量の水に溶かしてゴクリ。
苦手な人は牛乳やハチミツでアレンジするようパッケージに書いてあったが、
元の味を知っておいた方がよさそうだと思ったのだ。果たしてそのお味は。






…………………………うまい。

これなら1リットルくらい飲めるんじゃないだろうか。


「うーん不味い。もう一杯!」って言ってみたかったのになあ。予想以上に
抵抗なく飲めてしまった。なんか物足りない感じ。


その後ドラッグストアで探したら、結構いろんな種類の青汁が出回っていた。
今のがなくなったらもう少し原液っぽいのに手を出してみようかな。


ただ……。
貧血って改善されると栄養が行き渡るようになって絶対太るんだよな……。
[PR]
by massigura-z | 2007-10-02 00:12 | カラダあれこれ

予想通り

会社帰りに先日の検査結果を聞きに行った。


…………まあ、想定内の結果だった。
どう考えても好転している材料はなかったからなあ。
それどころか、年末からの無節操ぶりを思えばましな方だった
かも知れない。

最大のコントロール課題である血糖値は昨年11月より悪化。
ただしコレステロールや中性脂肪は標準値内。相変わらず
γーGTPは謎の異常数値だが、以前に比べればかわいいもんだ。

ちょっと気になったのがやや貧血気味の数値だったこと。
これも自覚症状はまったくなし。でも400ml献血もできる程度には
健全な数値だったのにな。先生からは食事バランスを聞かれた。

以下、今回の異常値詳細  ↓

  血糖値       140 (平均値上限 110)
  ヘモグロビンA1c 7.1 (         5.7)
  γーGTP      166 (         30)
  LAP         96 (         80)
 
  血清鉄        16 (平均値下限 40)
  血色素量      11.3 (      11.5)
  MCV         79  (       83)
  MCH         25.4 (      27.0)           
[PR]
by massigura-z | 2006-04-27 23:07 | めざせ減量

久々の血液検査

昨年の投薬治療終了から約半年。あんまり好転してる気はしないのだけど、最近食事のいい加減さも目に余るので、現状把握のために病院へ行ってきた。

検査だけでいいやと思ってたら先生の問診つき。
「今日はどうされました?」
「…………何ともないんです」
まあ、この病気は自覚症状が出るとかえってまずいので、あとは運動しているかとかその後も薬は何も服用していないかといった確認を受けて採血コーナーへ。
久々の採血でやや緊張するも、無事に血液どくどく。『なんかドス黒い気がする……』と思って、ふと隣で同じように採血してる人の方を見ると。

きれーなストロベリーレッド。……それ血だよね?向こうが透けて見えるくらい透明度高いんですけど。採血されてるのはご高齢の小柄なおばあさん。確かにか弱そうではあるが。


関係ないとは理解しつつ、でもやっぱり血がドス黒いと腹黒い性格の証明のような気がしてしまう……。
[PR]
by massigura-z | 2006-04-24 10:56 | めざせ減量

プロも驚く

午後はずっと会議のはずが、なんと2時間で終了。
おまけに直帰OKという信じられない気前のよさ!

なので、さっそく血液検査行ってきた。連休があるから結果がわかるのは
来週。今度こそヘモグロビンA1cが6.5以下になっていますように。


ところで今日の採血担当はいつもと違う看護婦さん2人。
「前回と同じ項目の検査でよろしいんですよね?」と確認しながら前回の
シートをチェック。そうしたら。


  「γ-GTP、500もあった時期があるんですか!?」


とものすごくびっくりされた……。はいそうなんです。
飲酒はしないんですけど。女性だったら普通は上限40くらいだもんなあ。
肝臓は『沈黙の臓器』と言われるくらい悪くても症状が出ないんだけど、
ワタシの場合は風邪も滅多にひかないし特に疲れやすいということもないので、
この500という数値の異常さが(幸いなことに)全く実感できなかったんですわ。

今では減量のせいで140まで下がってきたけど、前回の血液検査ではまた
ちょっと数値が悪化してた。今回の結果ではこっちも改善されてるといいん
だけどなあ。
[PR]
by massigura-z | 2005-09-21 18:54 | カラダあれこれ


良くも悪くもきままな暮らし…のはずだったのに(泣)


by massigura-z

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
お気に入り
ぽ つ り
めざせ減量
カラダあれこれ
おでかけしてます
パソコン
デジタル生活
ブログ
ねこー!
植物ネタ
引越あれこれ
未分類

ブログパーツ

以前の記事

2014年 12月
2014年 11月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 05月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
more...

治療記録

* 改善すべき項目 *
 2004.11月  日帰りドック

 空腹時血糖 205
   (平均値上限 109)
 GPT 112
   (平均値上限 45)
 γ-GTP 563
  (平均値上限 32)
 BMI 30.8
  (平均値上限 23.2)
 体脂肪率 41.3
  (平均値上限 29.9)


以上はずば抜けて悪かった数値。
平均値からはずれてた項目はもっとあります……


………その後の途中経過。
全体的には改善傾向かな?

 空腹時血糖 205 → 116
 GPT  112 → 35
 γーGTP 563 → 176
 BMI  30.8 → 26.7
 
      2006.11.2時点 
 

タグ

(19)
(7)
(7)
(5)
(5)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧